ページ内を移動するリンクです。

本文ここから

1.岩峰へ連なる光の列

1.岩峰へ連なる光の列

8月12日午前4時ごろ、立山・剱沢で撮影(50秒露光)。中央奥は別山

 空が白み始めた北アルプス。剱岳(二、九九九メートル)を目指す登山者のヘッドランプが、幾筋もの光跡となって流れる。

 遠くに見える剱沢小屋とキャンプ場を出発した光の列は、山容を現し始めた別山(二、八八〇メートル)を背に、剱岳に一番近い山小屋、剣山荘に近づき、そして通り過ぎて行く。

 剣山荘の窓からも明かりが漏れ、中で登山者が身支度を整えていた。主人の佐伯功麿さん(68)が出発する登山者を見守る。「剱は厳しい山。岩峰の醍醐味を感じ取ってほしい」。山荘から、また新しい光の列が加わった。

ページの先頭へ移動