ページ内を移動するリンクです。

本文ここから

4.朝日にお花畑輝く

4.朝日にお花畑輝く

立山・五色ケ原の木道沿いに咲くハクサンイチゲとチングルマ。朝日に照らされあかね色に染まる

 後立山連峰の稜(りょう)線から、五色ケ原(二、四五二メートル)に朝日が差し込む。ハクサンイチゲとチングルマの白い群生が、一瞬にしてあかね色に染まった。朝のお花畑は時間とともに、ドラマチックに表情を変える。

 短い夏を競うように咲く山の花。今年は残雪が多く、平年より花期が遅れている。「ここには、北アルプスで見られるほとんどがあるんですよ」。五色ケ原山荘の志鷹昌彦さん(43)は誇らしげだ。

 木道の傍らでイワイチョウの葉が、早くも黄色く色づいていた。高山植物の宝庫に、秋が静かに訪れようとしている。
(1〜4回、草東良平写真部記者、2007年8月22日〜25日掲載)

ページの先頭へ移動