ページ内を移動するリンクです。

本文ここから

26.圧倒される迫力

26.圧倒される迫力

不動明王にお参りする家族連れ。かつて修験者は険しい山道を経て立山へ向かった=上市町大岩の大岩山日石寺

 前日からの雪で、境内は雪にすっぽりと覆われていた。二月中旬、上市町大岩の大岩山日石寺。冷え込んだ薄暗い本堂で、本尊の不動明王磨崖仏(まがいぶつ)が浮かび上がる。迫力ある姿は、見る者を圧倒する。

 毎月、霊水をくみに来る高山市の会社員(38)は「本堂ではいつも身が引き締まる」と話した。

 古くから修行の場として知られる日石寺。立山登拝の行き帰りに、立ち寄る人もいた。立山道とは別に、立山信仰にまつわる「修験の道」もあった。修験者が、日石寺から高峰山、大辻山、大日岳を経て室堂へ向かう険しいルートだ。

 日石寺管長の母、中田真法さん(62)は「幼いころ、修験者が寺の近くの山に入り立山に向かう姿を見た」と振り返った。

ページの先頭へ移動